君の名は トロ

令和6年6月26日永眠 行年不明

数年前にひょこっとお寺の境内に現れたハチワレ柄の男の子。
身体は大きく目は小さい、白く長いおひげを生やしおじいさんみたいな顔
そして凄く臆病でおっとりした子、名前はトロと命名しました。

毎日、ご飯を食べに来ては縁の下で寝泊まりするなど日に日に人なれもしてきたころ。
猫ハウスの子たちともお鼻で挨拶・・・
おはよう
こんにちは
こんばんわ
おやすみ

どんな会話をしていたのかな。

何日もハウスの子たちとお話をしては、ずっと中をみていたり、
入りたいのかな?入ってみる?
扉をあけたら、平然とスーっと中へ。
そこからみんなとの生活が始まりました。
ここなら敵もいないし食事だって寝るところだってあるから安心だよ。
一日が経ち、二日が経ち、、、
何日経っても臆病な性格の君はトイレさえもそろりそろり遠慮がち。

一か月ほど経ったある日。
ご飯の時間だよ~
あ!やっとみんなと一緒に食べれるようになったね!
よかったよかった、これからもっとみんなと仲良くなれたらいいな~

三か月ほど経ったある日、トロがトイレをした。
真っ黒な便・・・
ケンカもしたわけでもなく、ストレスで血便がでてしまった。
せっかく安心なところでお友達と過ごせると思っていたのに・・
この場所は君にとってストレス環境だったのか・・・
ごめんね。
人間のエゴで、良かれと思ってしていたことが君にとってイヤなことだったんだね、悪いことをした。
何日も何日も悩み、家族で話し合った
もう出してあげようと。

外の環境はどう?いろんなところに行けて楽しいかな?

でも毎日ご飯は食べに来てくれた。
縁の下で、時には車の下で寝ている。
時々現れる黒猫くんとケンカをしている。
心配だ。

さらに日は経ち、最近トロが瘦せてきている。
食事の量も減ってきた気がする。大丈夫かな。
大好きなペーストのご飯を多めにあげてみる。
水もしっかり飲むんだよ。いつも綺麗な水を用意していた。

今日は、トロが来なかった。
どうしたのかな。明日にはお腹を空かせてやってくるかな。

次の日も、トロは姿を見せなかった。

オス猫はケンカして負けたらそこからいなくなるという説がある。
もしかしてケンカして負けたのかな。声は聞こえなかったけどな~

掃除をしようと境内の裏に回り、そこで見えたのは・・・
トロでした。

物置の狭い溝に眠るように隠れていました。もう硬直が始まっていて息をしていませんでした。

今もトロのことを思い出しながらブログを書いていますが涙が止まりません。
何が正解で何をしてあげていればよかったのか。
あんな狭いところで最期を迎えたトロは何を思っていたのか。
ごめんね。ちゃんとお世話ができなくてごめんね。

そして、わが家で過ごしてくれてありがとう。
そこは安全な場所かな?ま会おうね。

ありがとう

※画像はフリー素材を使用しています

Follow me!